マンツーマンで行う加圧トレーニングの内容と効果について

トレーニングをしている男性

加圧トレーニングは専用ベルトを用いて、腕と足の付け根に圧力をかけて、血流を制限しながら行うトレーニングのことをさしています。加圧トレーニングはもともとはボディビルダーのためのトレーニング方法であり、場合によっては筋肉が付きすぎてしまうことがあるのですが、短い時間の間に少ない負荷で脂肪分解や筋力アップ、基礎代謝の向上といった効果があるので、性別に関係なく人気がある方法となっています。

加圧トレーニングは二の腕と大腿の付け根の部分に専用ベルトをまいて、程よく血流を制限することで、負荷が低いトレーニングを行っても負荷が高いトレーニングを行ったのと同じくらいの効果を得ることができます。さらにこの加圧トレーニングの場合、短時間で得られるのですぐに結果を出したい人に向いています。

加圧トレーニングでは、加圧することによって筋肉の中にできた乳酸が血液にのることがなくその場でたまるのですが、そうすると体の中ではいつもの量よりも筋肉の中の乳酸の量が増えて脳は成長ホルモンを分泌させます。この成長ホルモンは、最大であると通常の約290倍まで増加し、加圧をかけた場合とかけない場合とを比較すると約2倍の成長ホルモンが分泌されるという研究結果がでており、新陳代謝が良くなるので若返りをはかることができます。年齢を追うごとに成長ホルモンの分泌は抑制されてしまい老化が始まるので、早い段階から行うことでより効果があがります。

効果としては成長ホルモンの増加によって太りにくくなり、脂肪分解しやすい体になります。さらに美肌に導くなど若返りをすることができ、筋力アップもすることができます。加圧と除圧を繰り返すので、血管の弾力性を増し血液を押し出す力が強くなるので、血行が良くなり新陳代謝を活発にすることも可能です。このほか、基礎代謝があがるので、痩せやすい体になる、肩こりや冷え性の改善、筋肉の修復が早まるといったこともあげられます。

加圧トレーニングの場合、専用ベルトを用いて血流の量を制限しますが、この圧力には強弱があり自分だけで行うのはトラブルが生じる危険性があります。単に腕や大腿部を締め付けるのではなく専門的な知識が必要となるので、トレーナーの指示を仰ぎ、正確に行うことが大切です。加圧トレーニングはトレーニング前と後の食事を工夫することでより効果を引き出すことができるので、どのような食事をしたらよいのかも相談をし、食事にも気を配るようにします。