ダイエット中であっても週に1・2回はチートデイを作りましょう

ダイエットの場合、摂取カロリーを減らすことが大切であるので、食べものを選ぶ場合も高カロリーのものは我慢することがあります。こういった食事制限は正しく行わないとリバウンドの原因となってしまい、ダイエットを行う前よりも体重が増加してしまうことがあるので、気を付けなくてはなりません。リバウンドを繰り返してしまうとダイエットを行っても成功しないという認識が無意識のうちにできてしまい、体重を落とすことが難しくなります。

食事制限においては、チートデイを設けることが大切です。チートデイとは定めた日だけは好きなものを食べてよい日のことをさします。普段摂取カロリーを制限するために食事量を減らすと、体の防御反応としてエネルギーを少ない状態にして対応していくのですが、そのような状態が続くと徐々に代謝は落ちていき、停滞期に陥ってしまいます。停滞期になるといくら食事制限をしても体重は落ちません。こういったことを防ぐために、チートデイを設け、エネルギーを補給することによって代謝の低下を抑え、停滞期をうまく乗り越えることができます。

さらにチートデイを設けることによって、その日までは頑張ろうというモチベーションの維持を保つことができ、ストレスがたまりにくくなります。ダイエットにおいてはストレスをためることはリバウンドの原因となるので、精神的な負担を少しでも軽減する必要があります。チートデイでは、好きなものを食べたいだけ食べられるので、ストレスをのがすことができます。

チートデイの作り方の基本は、ダイエットを始めてすぐに設定するのではなく、体重の変化が見られないなど結果が停滞している時に設けます。だいたい1週間に1日のペースで設定しますが、設定する際に何曜日にするかを決めておくと、他の曜日の食事のコントロールがうまくいきます。客観的に停滞期を見るためにもあらかじめ曜日を決めておくと、だらだらとチートデイを過ごさずにすみます。

チートデイでは、摂取カロリーを増やすことが目的でもあるので、どのようなものを食べても構いません。ランチを豪華にするのも良いですし、飲み会が予定されている場合はその日に設定しても構いません。ただし我慢することができるのであればチートデイの間隔を伸ばしたほうが結果を早く出すことができますし、夜遅くに食べるよりはランチや朝食に好きなものを食べたほうが脂肪を多く摂らずに済み、日中の生活をしている間に摂取したカロリーを消費することができます。